お客様がご使用のブラウザでは一部機能をご利用いただけません。
Microsoft Edge、その他ブラウザでの閲覧をお願いします。

2019.01.25

平成31年立春朝搾り ラジオ告知と醪 仕込み15日目

蔵だより
平成31年立春朝搾り ラジオ告知と醪 仕込み15日目

 昨日の雪は止んだものの、今朝は厳しい寒さに見舞われた1月25日。今朝は本社蔵とは正反対の仙台市内へやってきました。
今日はDATEFM朝の情報番組モーニングブラッシュ内で、弊社酒類販売株式会社社長の浅見が、立春朝搾りの告知をさせていただきました。パーソナリティの舟倉薫様とは、昨年の告知、その後のリスナーとご一緒に蔵見学のご対応をしていることもあり、終始和やかに告知が進みました。

 

 

 

 

 告知を終えて昼には蔵へ戻りました。当然のことながら朝の作業が終わっていましたが、醪の様子を覗いてみました。表面にはお米の融けたものにクリーム状の泡が混ざった絹織物のチリメン状の泡が薄く広がり、それを押しのけるように小さな気泡がポコポコと上がっていました。
 耳を澄ますと醪から上がってくる気泡がはじける時に鉄琴のような音色が微かに聞こえてきました。その後香りを確認すると炭酸ガスが鼻の粘膜をやや強く刺激し、その直後に、青リンゴのような爽やかで軽い甘い香りをやや強く感じ、それに混ざって洋ナシの甘い香りがほのかに感じました。品温は11.0℃と前日から0.5℃下がりました。立春朝搾りまであと10日。今年の味わいを想像しながら部屋をあとにしました。