お客様がご使用のブラウザでは一部機能をご利用いただけません。
Microsoft Edge、その他ブラウザでの閲覧をお願いします。

一ノ蔵 ひめぜん
このページをシェアする
受賞歴
甘酸っぱくて優しい味わい
一ノ蔵 ひめぜん

本品はお米でつくられた清酒です。極甘口ながら清々しい酸味がきいた飲みやすさが特徴のアルコール分8%の原酒です。甘酸っぱさが持ち味ですので、冷やして飲むのはもちろん、熱燗にしても美味しくお召し上がりいただけます。

アルコール分 8度
1.8リットル 税込価格 2,495円(10%)
720ミリリットル 税込価格 1,047円(10%)
300ミリリットル 税込価格 524円(10%)
1.8リットルJANコード 4985926050109
720ミリリットルJANコード 4985926050123
300ミリリットルJANコード 4985926050161
受賞歴
柔らかい
軽快
豊潤
豊潤
キレがある
冷酒
常温
熱燗
柔らかい
軽快
豊潤
豊潤
キレがある
冷酒
常温
熱燗
若い女性に日本酒をもっと気軽に楽しんでほしい

ひめぜんの開発が始まったのは昭和50年代後半。
当時、ビールやワインなど酒類の多様化が進み、日本酒の市場の縮小が懸念されていた中、新たな市場開拓をするべく、これまでに一ノ蔵が培ってきた日本酒の醸造発酵技術を活用した新商品の開発がスタートしました。
新市場の開拓にあたり、着目したのが20代~30代の女性でした。 普段あまり日本酒に親しみのないこの世代の女性にどうしたら支持されるか調査したところ、アルコール度数が低いこと、甘酸っぱい味わいが好まれることが分かりました。 日本酒にはない爽やかな酸味と柔らかな甘味を追求し、 試行錯誤の果て昭和63年に新伝統酒「ひめぜん」が誕生しました。
原酒でありながら、従来の清酒の約半分ほどに抑えられたアルコール分、そして冷でも熱燗でも損なわない持ち味は、軽くおしゃれにお酒を楽しむこの世代に受け入れられました。

ひめぜんカクテル
ひめぜんはそのままお召し上がりいただく他に、カクテルのベースとしても最適です。ひめぜんのオリジナルレシピをご紹介いたします。
<ご注意ください>
ご自宅でカクテルをお作りになられる際は、作り置きはせず召し上がる直前に混ぜ合わせるようお願いいたします。また、ご自宅でカクテルを提供される際には、ご自身のみ、もしくは同居されている成人の方のみでお楽しみくださいますようお願い申し上げます。。

Princess Princess

ソムリエ田崎信也氏考案のオレンジが清々しいレシピです。
<材料>
・ひめぜん…………60ml
・フレッシュオレンジジュース…………20ml
<作り方>
ひめぜん60mlとフレッシュオレンジジュース20mlを、冷やしたシャンパングラスに注ぎ、軽くステアします。

 

青葉城

カクテルコンテスト入賞さとう宗幸氏が命名です。
<材料>
・ひめぜんきりり…………40ml
・グリーンティーリキュール…………ティースプーン2杯
・レモン果汁…………ティースプーン2杯
<作り方>
冷やしたグラスに、ひめぜんきりり40mlと、グリーンティーリキュールをティースプーン2杯、レモン果汁をティースプーン2杯注ぎ軽くステアします。

ボタンとリボン

懐かしいカントリーミュージックが名前の一ノ蔵オリジナルカクテル
<材料>
・ひめぜん…………50ml
・バーボンウイスキー…………5ml
<作り方>
ひめぜん40mlと、バーボンウィスキー5mlを冷やしたグラスに注ぎ、軽くステアします。

ご購入者様の声
M・K様
M・K様
 

初めて居酒屋さんで飲んだひめぜんの味が美味しくてびっくりしました。 その味が忘れられず、ずっと探していたところやっとみつけることができました。

Y・M様
Y・M様
 

食前酒にピッタリ!

N・W様
N・W様
 

甘味もあるひめぜんが大好きで、梅やゆずもいつも楽しみにしています。

R・S様
R・S様
 

爽やかで美味しい。