お客様がご使用のブラウザでは一部機能をご利用いただけません。
Microsoft Edge、その他ブラウザでの閲覧をお願いします。

一ノ蔵 特別純米生酒 ふゆみずたんぼ
このページをシェアする
受賞歴 ・平成30酒造年度 南部杜氏自醸清酒鑑評会「純米吟醸酒の部」首席 ・International Sake Challenge 2016 「純米大吟醸部門」銀賞受賞 ・平成25酒造年度 南部杜氏自醸清酒鑑評会「純米吟醸酒の部」首席
伝統の酒造りの粋を集めた一ノ蔵の最高品質
一ノ蔵 純米大吟醸 笙鼓

酒米の最高峰山田錦を、自家精米で35%までに磨き上げ、小仕込み・低温醗酵させ丁寧に醸しました。口中にフルーツのような甘さが広がり、旨味と甘味、そして酸味がよく調和した気品ある味わいと、華やかな吟醸香をお楽しみください。

精米歩合 35%
アルコール分 15度
日本酒度 -3〜-1
1.8リットル(桐箱付) 税込価格 11,000円(10%)
720ミリリットル(化粧箱付) 税込価格 4,506円(10%)
1.8リットル(桐箱付)JANコード 4985926100118
720ミリリットル(化粧箱付)JANコード 4985926100125
受賞歴 ・平成30酒造年度 南部杜氏自醸清酒鑑評会「純米吟醸酒の部」首席 ・International Sake Challenge 2016 「純米大吟醸部門」銀賞受賞 ・平成25酒造年度 南部杜氏自醸清酒鑑評会「純米吟醸酒の部」首席
柔らかい
軽快
豊潤
豊潤
キレがある
冷酒
常温
熱燗
柔らかい
軽快
豊潤
豊潤
キレがある
冷酒
常温
熱燗

吟醸酒は元来、清酒鑑評会という晴れ舞台に向けて、蔵元・杜氏らがそれぞれの夢を賭けて、吟味しながら醸す希少なお酒です。吟味はまず米を選ぶことから始まります。
純米大吟醸笙鼓の原料米は、酒造好適米山田錦を惜しみなく削り、精米35%まで磨き上げました。この真珠のような心白米と清冽な大松沢丘陵地下水で小仕込みし、低温醗酵させました。この低温醗酵により「吟醸香」と呼ばれる果実のような独特な香りが生まれます。実にこの香りこそが吟醸酒の醍醐味であり、杜氏の技の見せ所です。
日本酒はハレの酒として古来人々から愛され、親しまれてきました。日本人の知恵と、伝承の技で仕込まれた純米大吟醸笙鼓は、その名を中国漢詩から頂き、飲む人に幸多かれと祈る祭りの清らかな笙や鼓の音が耳に届くように、めでたく、楽しく、賑やかに…と願いを込めて名付けました。
30日以上にわたる長い期間じっくりと低温醗酵させ、これを丁寧に優しく搾り、涼温で静かに熟成させた淡麗の純米大吟醸です。お召し上がりの際は、10~15℃に冷やしてお飲みください。純米大吟醸ならではの清涼感を伴った華やかな香味とバランスのとれた上品な旨味をお楽しみ頂けます。

南部杜氏自醸清酒鑑評会で2度の「首席」に選出

一ノ蔵の杜氏が所属する杜氏団体「一般社団法人 南部杜氏協会」が主催する新酒鑑評会「南部杜氏自醸清酒鑑評会」(明治44年から開催)において、平成25酒造年度の純米吟醸の部で一ノ蔵本社蔵が創業以来初の「首席」(最高賞)に選出、記念すベき第100回目を迎えた平成30酒造年度にも再び「首席」に選出され、快挙ともいえる2度目の受賞となりました。
南部杜氏は日本最大の杜氏集団であり、南部杜氏協会は前身となる南部杜氏組合発足から長い歴史を持っています。純米吟醸の部には「純米大吟醸 笙鼓」の原酒を掛搾りにて出品し見事最高賞を獲得。南部流の酒造りに携わる職人なら一度は受賞したいと願う「首席」に2度も輝くという栄誉に、蔵元は歓喜に沸きました。杜氏を始めとする蔵人の技と想いの結晶が高く評価された証です。
酒造りの粋を集めた蔵元自慢の酒の芸術品・純米大吟醸笙鼓のまろやかで澄んだ味わいと優美な余韻をお楽しみ下さい。

ご購入者様の声
 

只今準備中です。