お客様がご使用のブラウザでは一部機能をご利用いただけません。
Microsoft Edge、その他ブラウザでの閲覧をお願いします。

一ノ蔵 花めくすず音
このページをシェアする
受賞歴
【2019年11月7日出荷開始!】令和元年新米仕込み
一ノ蔵 本醸造しぼりたて生原酒

宮城県産の新米を使用。経験豊富な蔵人たちの五感を最大限に駆使して醸したお酒は、しぼりたての旨味が存分に楽しめるフレッシュでよりスッキリとした香り華やかな冬季限定の本醸造生原酒です。

精米歩合 65%
アルコール分 17度
日本酒度 -4〜-2
1.8リットル 税込価格 2,893円(10%)
720ミリリットル 税込価格 1,245円(10%)
1.8リットルJANコード 4985926103713
720ミリリットルJANコード 4985926103720
受賞歴
柔らかい
軽快
豊潤
豊潤
キレがある
冷酒
柔らかい
軽快
豊潤
豊潤
キレがある
冷酒
今年の新米「やまのしずく」と造りについて

 本年の原料米「やまのしずく」は、例年に比べてやや小ぶりながらも粒揃いで、均一な精米が施され、洗米・浸漬でも胴割れが少なく安定していました。
 蒸し米は触った感覚では、粘りが抑えられ酒造りに適した良いものに仕上げられましたが今年の傾向なのでしょう、お米の内側に水分が多くあり、それが時間経過と共に表面に出て、徐々に軟らかくなる傾向がみられました。
 その為、麹造りでは意識的に乾燥させるような処置を行い、酒母ではお米の融けが早く進み、酒母中にエキス分が多く出たので作業の時間を少し早めたり、温度経過を調整したりと吟醸造りと同様24時間態勢で細やかな管理を行ってきました。
 
▶︎新米初洗いの様子はこちらをご覧ください▶︎令和元年度酒造り初日の様子はこちらをご覧ください▶︎酒母造りの様子はこちらをご覧ください

アルコール度数を19度から17度に抑えた新酒質に挑戦!

 近年、しぼりたて生原酒においても高アルコール化を嫌う傾向があることから、今年度弊社では従来のアルコール度数を19度から17度に抑えた造りに挑戦しました。
「特別純米酒アルコール15%原酒」の造りで培われた技術を応用することで、原酒のごく味を残したまま、一層飲みやすい軽快な喉越しが楽しめる仕上がりになるよう醪管理に工夫をしました。
これにより発酵時に生まれる澄んだ甘やかな香りと、雑味の少ない米の旨味を残すことができ、馥よかなタイプのしぼりたてに仕上げることが出来ました。
 
▶︎上槽の様子はこちらをご覧ください
 
 
 
 
 
 
 

味わいとオススメ料理

 青リンゴやマスカットのような軽やかで甘やかな香りが漂い、お米の旨味に由来するふくよかな味わいと本醸造酒の特徴であるスッキリとした後味が楽しめます。すき焼きや寄せ鍋などの鍋料理や、トマトを添えたアジのカルパッチョなどの魚料理と合わせるのがお薦めです。

ご購入者様の声
 

只今準備中です。